データニキのパワプロブログ

プロ野球選手を映像付きで紹介。パワプロ能力で再現。

下園 辰哉(2007)【パワプロ2022】

下園 辰哉

選手名:下園 辰哉(しもぞの たつや)

生年月日:1984年11月22日

下園 辰哉

2007年成績:.207 0本塁打 0打点 0盗塁

経歴:宮崎日本大学高等学校(2000-2002)-九州国際大学(2003-2006)-横浜ベイスターズ→横浜DeNAベイスターズ (2007 -)

「選球眼が持ち味の期待の巧打者」

選手紹介

・活躍

 九州六大学リーグ通算114安打という記録を作った”九州の安打製造機”。プロ入りしている川島慶三や一輝のマークした98安打を超えており、プロでも期待がかかるその打撃センスに次代の外野手を探していた横浜ベイスターズがドラフト4位で指名、入団に至る。入団1年目となる2007年は2軍のレギュラーとして存在感を示す。打率こそそこそこながら後に”ゾノアイ”とも評された選球眼で高い出塁率を維持。しぶとい打撃が魅力だった鈴木尚や長打力の光る古木といった外野手の不調があり、6月30日にプロ初出場。その後、何度か代打として試合に出たものの結果は残せず。打率.207でシーズンを終えた。プロの球に慣れて、目指すは200本安打。

・査定について

--【装備品】--

バット:黒→黒(7/19)

グローブ:黒→黒(デフォ)

リストバンド:-/白→-/-(7/19)

--【基礎能力】--

弾道22:ラインドライブのような鋭い打球

ミートFF33:打率.204/2軍打率.269

パワーFE42:打率0HR/2軍4HR。AB/HR=50.3

走力DC60:50mは6秒(一塁到達タイム3.8秒)

肩力ED56:遠投100~110m。強くない。

守備EE45:「打球判断も良い」(井上外野コーチ)

エラーEF31:守備率.978

--【特殊能力】--

チャンスC:打率.207/得点圏.286(14決D

対左C:「左投手も苦にしない」(田代2軍監督)(14決D

盗塁E:2軍盗塁成功率.600(5-3)(14決D

走塁D:2軍で三塁打2本(14決D

送球D:(14決D

ケガD:(14決D、スピ5D

回復F:「課題は体力」(田代2軍監督)(プロスピ5F

対変化球○:変化球を捉える技術の高さ

エラー:時折やらかす

ミート多用:(2011決)

慎重打法出塁率の高さ(2011決)

慎重盗塁:盗塁上手くない。

選球眼:『ゾノアイ』と言われるほど。「選球眼も良い」(田代監督)(パワ村)

--【その他】--

打撃フォーム:オープン17

2007年フレッシュオールスター

2007年7月19日、フレッシュオールスター

高校時代:

第83回全国高校野球選手権宮崎県大会決勝日南学園VS宮崎日大寺原隼人主将安田令皇長畑絋介

2001年夏、第83回宮崎県大会決勝。対日南学園戦。対戦相手は後にプロ入りする寺原隼人。2年生ながら3番センター。

・コメント

パワター:デフォ

プロスピ4紹介文:

「高校、大学、社会人とアマ球界を渡り歩いた男が遂にプロの門を叩く。豊富な経験で一年目から全身全霊。」

 

関連選手:

藤岡 好明:宮崎日大時代の同級生。

寺原 隼人:下園が高校2年時に県大会決勝で対決した。

井手 正太郎:下園が高校2年時に県大会決勝で対決した。

参考資料:

nf3 -Baseball Data House -<- nf3 - Baseball Data House Phase1.0 2007年度版>(参照日2020年4月1日)