データニキのパワプロブログ

プロ野球選手を映像付きで紹介。パワプロ能力で再現。

倉 義和(2007)【パワプロ2022】

倉 義和

選手名:倉 義和(くら よしかず)

生年月日:1975年7月27日

倉 義和

2007年成績:.274 7本塁打 25打点 1盗塁

経歴:京都成章高等学校(1991-1993)-京都産業大学(1994-1997)-広島東洋カープ (1998 - 2016)

「強肩自慢の捕手。石原とともに今年もチームを支える。」

選手紹介

・活躍

 強肩自慢の捕手として1997年ドラフト5位で広島カープに入団。中々1軍定着とはならなかったが2005年に黒田専属捕手として大きく試合数を伸ばす。また、自慢の強肩ぶりを発揮し、2005年セ・リーグ盗塁阻止率TOPの.440を記録した。2006年は、石原と併用で起用。5HRを記録したものの、自慢の守備は前年と一変してリーグ最低だった。2007年は、石原の起用が増えるかと思われたが、開幕直後から絶好調で一時は新井とともにチームを引っ張る存在だった。しかし、6月ごろから成績が徐々に下降。石原にスタメンを譲ることもあったが、自己最高の打率.274、7HRを記録。守備は盗塁阻止率.255だったものの、黒田の通算100勝の試合のマスクも被るなどリード面で引っ張った。

・査定について

--【装備品】--

バット:黒→黒(7/14)黒/茶(5/11)

グローブ:オレンジ→オレンジ(4/21、5/9)黒(6/14)

リストバンド:白/白→赤/赤(7/14)

--【基礎能力】--

弾道23:フライ率37.3%

ミートED52:打率.274(248-68)

パワーDD56:7HR

走力EE49:50m6.3秒。内野安打数2本(2.9%)だが、併殺数2本。

肩力DB72:強肩として知られる。2005年は盗塁阻止率.440。

守備DD53:盗塁阻止率.255(C65)

エラーEE46:守備率.989。6失策

--【特殊能力】--

チャンスD:打率.274/得点圏.268(14決Dプロスピ5D

対左F:右.308(156-68)/左.217(92-20)※2006年も対左に弱い(14決F

盗塁D:盗塁成功率.333(3-1)(14決D

走塁D:通算三塁打2本。前年は併殺打8本であり足がそもそも速くない(14決D

捕手D:失点率4.37(14決D

送球E:盗塁阻止率の悪さから調整(14決D

ケガD:(14決D

回復D:82試合出場(プロスピ5D

対ストレート):07年真っ直ぐ:打率.307/曲がる:打率.263/落ちる:打率.200

代打):代打時打率.000(2-0)

初球:ノーストライク打率.405(84打席)

プルヒッター:7本塁打全て引っ張り。2006年も5本塁打全て引っ張り。

固め打ち:1打席目以降の打率の高さ。7試合連続マルチ安打や初のマルチ弾も記録。

積極打法:(14決)

--【その他】--

打撃フォーム:オープン1

2007年05月11日、対横浜ベイスターズ戦。

2007年07月14日、対読売ジャイアンツ戦。第4号HRを放つ。
高校時代:

1993年夏、第75回京都府大会準決勝。対北嵯峨戦。4番として出場。HRを放つ。
守備:

2007年08月24日、対読売ジャイアンツ戦。今じゃ見られないが、当時のブロック。

・コメント

パワター:自作

プロスピ4紹介文:

「試合の流れを読み、間を作る冷静さ。内角を大胆につくリードに強肩。課題の打撃も克服し真の司令塔へ」

 

 

関連選手:

大家 友和:京都成章高等学校時代の同級生。バッテリーを組んだ。

参考資料:

nf3 -Baseball Data House -<- nf3 - Baseball Data House Phase1.0 2007年度版>(参照日2020年4月1日)