データニキのパワプロブログ

プロ野球選手を映像付きで紹介。パワプロ能力で再現。

吉見 祐治(2007)【パワプロ2022】

吉見 祐治

選手名:吉見 祐治(よしみ ゆうじ)

生年月日:1978年5月21日

吉見 祐治

2007年成績:3勝4敗3H0S 防御率4.27

経歴:和歌山県立星林高等学校(1994-1996)-東北福祉大学(1997-2000)-横浜ベイスターズ (2001 -)

「背中に漲る充実感。打撃もできるイニングイーター。」

選手紹介

・活躍

 貴重な左のローテ候補として期待の大きい吉見。プロ入り当初は「大魔神」と呼ばれ他球団から恐れられた佐々木主浩がつけた背番号「22」を球団から用意されるとプロ入り2年目には2桁勝利を挙げるほどだった。しかし、翌2003年にはまさかの二桁敗戦。2004年には横浜に復帰した佐々木に背番号「22」を返し、心機一転巻き返しを図り前半戦で5勝を挙げる活躍を見せるも後半戦で失速し7勝に終わる。2005年は春キャンプから好調だったものの開幕した途端に不調。僅か4勝に終わってしまった。左のエース候補として期待されるものの中々浮上できず、2006年もローテで投げるも2勝9敗。ファンからはその打撃センスの良さから野手転向した方がいいのでは?という声も挙げるほどになっていた。2007年はチームが左腕不足解消のためにここ数年左腕を獲得していたことと、この年から大矢監督の新体制でのスタートとなり先発だけでなく中継ぎとしても登板することとなった。完封勝利を記録したり、猛打賞を記録したりと好調な時は手が付けられない活躍をみせたものの今まで同様好不調の波の激しさは変わらず、3勝4敗、防御率4.27でシーズンを終えた。

・査定について

--【装備品】--

バット:黒→黒(デフォ)

グローブ:革→オレンジ(10/9、BBM2007)

--【基礎能力】--

球速:146キロ→146キロ(データ図鑑)

コンFD54:07年与四球率3.15D54/06年2.79C63/05年3.32D57

スタCC62:07年E41/06年C67/05年D56

変化球:

ツーシーム):(プロスピ5)

(スライダー):→Hスライダー。野球小僧◎(14決2、プロスピ5、データ図鑑)

・Hスライダー3:

スローカーブ2:野球小僧○(14決2、プロスピ5、データ図鑑)

・チェンジアップ2:野球小僧○(14決2、プロスピ5、データ図鑑)

(フォーク):野球小僧△

Vスライダー):(プロスピ5)

(シンカー):野球小僧○

(シュート):→シュート回転。野球小僧○(プロスピ5)

--【特殊能力】--

打たれ強さD:LOB率76.1%(14決D

対ピンチD:被打率.309/得点圏.281。(14決D

対左D:右.308/左.299(14決B)

ノビD:(14決D

クイックF:盗塁阻止率.000(10-0)2006年.500(8-4)(14決Dプロスピ5B

回復D:(プロスピ5D

ケガD:(14決D

牽制○:上手いらしいが盗塁阻止率.000(14決、プロスピ5)

球速安定:平均140キロ前半

リリース:変化球で勝負する投手

軽い球:HR/9=0.84(14決)

シュート回転防御率調整

一発):→軽い球。HR/9=0.84(プロスピ5)

ランナー×):走者無.302/走者有.316(14決×)

調子極端:完投したり、7月防御率0.00かと思えば打たれる

変化球中心:(14決)

慎重打法:(14決、プロスピ5)

ミート多用:打者顔負け

--【その他】--

投球フォーム:スリークォーター94

阪神タイガース 2007 ホームラン 林威助

2007年4月15日、対阪神戦。リリーフとして登板も金本にソロHRを浴びる。

変化球:

古田監督 現役最終打席で通算2097本目のヒット

2007年10月9日、対ヤクルト戦。143キロのストレート。

古田監督 現役最終打席で通算2097本目のヒット

2007年10月9日、対ヤクルト戦。スライダー。

古田監督 現役最終打席で通算2097本目のヒット

2007年10月9日、対ヤクルト戦。スローカーブ

古田監督 現役最終打席で通算2097本目のヒット

2007年10月9日、対ヤクルト戦。フォークかチェンジアップ。
高校時代:

南部高・濱中おさむが星林・吉見祐治から場外HR

1996年夏、第78回和歌山県大会準々決勝戦。対南部高校戦。相手はプロ入りする濱中治

打撃フォーム:スタンダード1

吉見の右中間を抜ける2ベース 2003年9月7日チーム初安打

2003年9月7日、対阪神戦。見事なヒットを放つ。逆風の中、ここまで飛ばせるのが吉見。

守備:

千葉ロッテ・吉見祐治が見せた、”エグイフィールディング”

2010年8月7日、対オリックス戦。見事なフィールディング

・コメント

パワター:デフォ

プロスピ4紹介文:

「多彩な変化球で打者を惑わす長身サウスポー。秘めた能力はエースクラス。」

 

成績を設定し忘れました。チームとしてアップする際には成績設定したうえであげます。

 

関連選手:

濱中 治:高校時代に対決。

洗平 竜也:東北福祉大学時代の同期。吉見に次ぐ2番手投手。後にプロ入り。

歌藤 達夫:東北福祉大学時代の同期。社会人を経てオリックスに入団した。

石原 慶幸東北福祉大学時代の1学年後輩。後に広島カープに入団。

大須賀 允東北福祉大の1学年後輩。巨人→広島。

木谷 寿巳:東北福祉大学時代の2学年後輩。社会人を経て楽天イーグルスに入団。

橋本 健太郎東北福祉大学時代の2学年後輩。後に阪神タイガースに入団。

岸田 護:東北福祉大の3学年後輩。後にオリックスに入団。

福田 聡志:東北福祉大の3学年後輩。後に巨人に入団。

中村 公治東北福祉大の3学年後輩。後に中日に入団。

参考資料:

nf3 -Baseball Data House -<- nf3 - Baseball Data House Phase1.0 2007年度版>(参照日2020年4月1日)