データニキのパワプロブログ

プロ野球選手を映像付きで紹介。パワプロ能力で再現。

角中 勝也(2007)【パワプロ2022】

角中 勝也

選手名:角中 勝也(かくなか かつや)

生年月日:1987年5月25日

角中 勝也

経歴:日本航空第二高等学校(2003-2005)-高知ファイティングドッグス (2006)-千葉ロッテマリーンズ (2007 -)

2007年成績:.235 0本塁打 2打点 0盗塁

「独立L→プロの世界へ。這い上がってきたヒットメーカー」

選手紹介

 2006年ドラフト会議。ロッテから7巡目で指名された男こそ、この角中。1年前まで高校生であり、2006年当時は、当時発足間もない四国アイランドリーグ高知ファイティングドッグスでプレイしており、いわゆる独立Lからのプロ入りを果たした選手であった。スタウト陣からは特に走塁と守備の評価が高く、レフト、センター、ライトを守れる強肩外野手として期待がかかっていたが、入団早々ファン、そして首脳陣を驚かせたのは彼の秘めたるその打撃センスであった。高卒として入団した独立Lにおいても年上の選手とともにプレイする中で打率.254、4HRを記録していたとはいえ、プロ1年目の20歳の選手が2軍とはいえプロの世界でも躍動する。安打を量産し外野のレギュラーとして活躍をするとこの年はリーグ2位となる打率.335、4HRを記録した。また、数試合ではあるが1軍の試合にも出場し打率.235の成績を残した。

 1軍の外野レギュラー陣はベニー早川サブロー。控えには、若手の強打者大松や竹原がいるがその中に割って入れるか。まだ弱冠20歳のルーキーに目が離せない。

・活躍

・査定について

--【装備品】--

バット:黒/赤→黒/茶(8/4、10/19)、木(4/16)、黒(5/8)、黒/赤(6/12、6/13)

グローブ:革→革(デフォ)

リストバンド:-/-→黒/-(8/4)、-/-(4/16)、白/-(6/12)

--【基礎能力】--

弾道32

ミートEF34:打率.235/2軍.335(272-91)

パワーED50:0HR。2軍4HR。AB/HR=68.0

走力DC63:50m6秒2。一塁到達タイム4秒1。

肩力DB73:遠投115m。「肩は球団5本の指に入る」(スカウト談)

守備EE42:左翼、中堅、右翼とどこでも守れる(本人談)

エラーEE43:2軍守備率.975

--【特殊能力】--

チャンスD:打率.235/得点圏1.000(14決D

対左E:右.235(17-4)/左.---(0-0)。通算も対左はあまり?(14決D

盗塁E:成功率.000(1-0)/2軍成功率.400(10-4)(14決D

走塁B:意外と俊足。三塁打数も多く判断がうまい(14決D

送球C:入団時から肩とスローイングは評価されていた(14決Dプロスピ5D

ケガD:(14決Dプロスピ5D

回復D:体力あると評価されてる(プロスピ5G

チャンスメーカー:2軍戦5月3HRの内2HRが初回先頭打者HR。

インコースヒッター:彼の特徴

バント○:2軍戦ではセーフティバントの出塁を試みてる

悪球打ち:彼の代名詞

積極打法:(14決)

選球眼):悪球打ちだが、選球眼悪くない。2軍でも高打率。

--【その他】--

打撃フォーム:オープン35(角中)

角中勝也 2007年ルーキー時代

2007年8月4日、対日ハム戦。今も昔も変わらない。

・コメント

パワター:デフォ(髪型、髪色変更)

プロスピ4紹介文:未収録

 

独立から上がってきた選手ということで、当時期待していたファンはほとんどいなかったと思います。むしろ彼が脚光を浴びるのは首位打者に輝く2012年。そして今なお現役を続けているわけですから、本当に彼の努力とその才能を見出したスカウトやコーチ、皆さんは凄いと思いますね。まだまだこれからも長く現役をつづけて多くのヒットを積み重ねてほしいですね。

--追記--

https://news.yahoo.co.jp/articles/960d999095127d089bd9b99e208ff467285e2884

角中選手の故郷・石川県七尾市が被災していますが、彼の活躍に元気づけられるかたもいるでしょうし頑張って欲しいです。

 

関連選手:

なし

参考資料:

nf3 -Baseball Data House -<- nf3 - Baseball Data House Phase1.0 2007年度版>(参照日2020年4月1日)

東洋経済オンライン.<角中、大化けの秘密―月収13万から首位打者へ 素直な心で、実のある努力 | 野球界に見る 凡才がトップに登り詰める方法 | 東洋経済オンライン>(参照日2023年11月25日)

週刊ベースボール.<ロッテ 角中勝也「四国だったからこそプロへの道が開けた」 | 野球コラム - 週刊ベースボールONLINE>(参照日2023年11月25日)