データニキのパワプロブログ

プロ野球選手を映像付きで紹介。パワプロ能力で再現。

北川 利之(2007)【パワプロ2022】

北川 利之

選手名:北川 利之(きたがわ としゆき)

生年月日:1979年1月8日

北川 利之

2007年成績:.--- -本塁打 -打点 -盗塁(2試合に出場)

経歴:大阪桐蔭高等学校(1994-1996)-法政大学(1997-2000)-川崎製鉄水島(2001-2002)-横浜ベイスターズ (2003 -)

「高校、大学、社会人を経由した苦労人。2軍では敵なし、1軍で奮起したい!」

選手紹介

・活躍

 大阪桐蔭ではレギュラーも法政大学時代は、後にプロ入りする阿部真宏G.G.佐藤が同級生におり控えに甘んじていた。しかし、諦めずに社会人の道に進み、堅実な守備でチームに貢献。プロアマ混成チームだった2002年IBAFインターコンチネンタルカップ日本代表にも選出された。その年、横浜ベイスターズに指名され入団することとなる。

 2軍ではルーキーイヤーから敵なしの成績を収めるも、当時は石井琢朗や復活を遂げた種田(仁)に加え、内川(聖一)藤田(一也)といった特徴の異なる選手もでてきていたため、中々1軍に上がることが難しかった。2006年には11試合に出場したもののチャンスはつかめず打率.154に終わる。2007年は更に出場機会が減り2試合のみだった。しかし、2軍では.287、6HRと安定した数字を残している。強味がないといえばそれまでだが守備の安定感は評価できる。ユーティリティープレイヤーとして花開くか?

・査定について

--【装備品】--

バット:木→木(デフォ)

グローブ:黒→黒(デフォ)

リストバンド:白/-→白/-(デフォ)

--【基礎能力】--

弾道22

ミートFF30:1軍打率.---/2軍打率.286(324-93)。2軍では安定した成績

パワーFE49:2軍6HR。AB/HR=54.00。前年は2軍で0HR

走力DD54:

肩力EC60:遠投100m

守備E→D58:守備は上手いらしい。

エラーDE41:守備率.941/失策13

--【特殊能力】--

チャンスD:打率.-/得点圏-

対左D:右.-/左.-(14決D

盗塁D:2軍盗塁成功率.500(2-2)(14決D

走塁D:(14決D

送球D:(14決Dプロスピ5D

ケガD:(14決Dプロスピ5D

回復E:社会人卒のため、体力あるはず(プロスピ5F

併殺:2軍併殺数10。足は早い方だが、チームワースト。

調子安定:2軍では安定した成績

ミート多用:(プロスピ5)

--【その他】--

打撃フォーム:オープン

北川山口ヒーローインタビュー田代 横浜xロッテ090608

2009年6月8日、対ロッテ戦。プロ初HRは逆転満塁HR!

1996年 大阪府大会準決勝 大阪桐蔭-PL学園(10回表)

1996年、大阪府大会準決勝。対PL学園戦。相手は大会屈指の好投手・前川。

・コメント

パワター:自作

プロスピ4紹介文:

「俊足堅守巧打で貢献。全てにレベルアップを怠らず、勝利の原動力になる!」

 

決して数字は悪くないですし、今なら現役ドラフトとかトレードで活躍の場を与えたい選手の一人だと思います。

 

関連選手:

阿部 真宏:法政大学時代の同級生。遊撃手のレギュラーだった。

G.G.佐藤:法政大学時代の同級生。大学時代は内野手だった。

廣瀬 純:法政大学時代の同級生。4年生のときには主将を務めた。

前川 克彦:PL学園に在籍し、1996年は府大会で熾烈な争いを演じた。高卒でプロへ。

参考資料:

nf3 -Baseball Data House -<- nf3 - Baseball Data House Phase1.0 2007年度版>(参照日2020年4月1日)