データニキのパワプロブログ

プロ野球選手を映像付きで紹介。パワプロ能力で再現。

橋本 太郎(2007)【パワプロ2022】

橋本 太郎

選手名:橋本 太郎(はしもと たろう)

生年月日:1986年4月21日

橋本 太郎

2007年成績:-勝-敗-H-S 防御率-.--(1軍登板なし)

経歴:大阪体育大学浪商高等学校(2002-2004)-横浜ベイスターズ (2005 -)

「MAX146キロの快速球右腕。昨年はプロ初登板も経験し、今年は更なる活躍を!」

選手紹介

・活躍

 高校時代は甲子園出場こそなかったものの、MAX146キロ(ドラフト記事。橋本太郎本人の動画ではMAX147キロと表記あり)の速球派右腕としてスカウトの間で評価は高かった。大阪出身ということもあり、阪神タイガースが獲得するのではという話もあったが、この年横浜ベイスターズ牛島監督の母校でもある浪商出身ということもあり、急遽横浜ベイスターズがドラフト7位で指名、入団することとなった。

 2005年は高卒ルーキーということもあってか、身体つくりから始める形で2軍で1年を終える。登板数もわずか1試合という内容であった。2年目、2006年は先発として登板。2軍では8試合のみの登板ながら1完投を含む4勝。防御率2.22という活躍で1軍でも10月4日の対巨人戦において初登板・初先発を成し遂げた。期待のかかる2007年であったが、この年は首脳陣が変わった影響からなのか中継ぎ登板が主となる。荒れ球気味だった制球が改善されたものの、三振も取れずに打ち込まれる場面が目立った。結果、31試合に登板したものの防御率5.52と本人にとっても苦しいシーズンとなってしまった。しかし、まだ高卒3年目。来年以降に期待である。

・査定について

--【装備品】--

バット:-→木(不明)

グローブ:-→オレンジ(BBM2007)

--【基礎能力】--

球速-→146キロ:(ドラフト)(141キロ)

コン-→E41:07年2.61C61/08年8.71G5/06年4.44F37/05年9.00G4/通算4.35E41

スタ-→D50:06年は先発として完投1。07年は中継ぎ1本

変化球:

・スライダー1:今週の一押し(ドラフト)

・Dカーブ2:どろんと落ちるカーブらしい。今週の一押し

(フォーク):持ち球。今週の一押し

・チェンジアップ1:ナックルかもとも言われる。

--【特殊能力】--

打たれ強さD:2軍LOB率70.9%

対ピンチD:2軍被打率.358/得点圏.-

対左D:右.-/左.-

ノビE防御率調整

クイックD

回復D:2軍で31登板

ケガE:1年目から肩や肘など体のどこかが常に痛かった(本人談)

内角攻め:内角を強気に攻めるスタイル(BBM2007)

四球):この年は制球が良い。中継ぎになった影響か?

乱調:2007年中継ぎ一本のため、先発時は微妙だった?

--【その他】--

走力C68:50m5.9秒

慎重盗塁:俊足だが投手なので調整。

投球フォーム:オーバースロー15※プロ入り後の映像がなく不明

【草野球】元ベイスターズMAX147キロ右腕・太郎が久しぶりに草野球で剛腕を披露!?バッティングも注目!

打撃フォーム:スタンダード1

【草野球】元ベイスターズMAX147キロ右腕・太郎が久しぶりに草野球で剛腕を披露!?バッティングも注目!

・コメント

パワター:自作

プロスピ4紹介文:未収録

 

橋本太郎選手、今はYoutubeチャンネルを開設して動画投稿をしています。元プロ野球選手にしては珍しく、いろんなジャンル(競艇・草野球・Vlog等)を取り扱っています。是非一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

www.youtube.com

 

関連選手:

牛島 和彦:浪商OBにして横浜ベイスターズの元監督。

岡本 直也:チームメイト。後に会社を共に立ち上げる。

参考資料:

nf3 -Baseball Data House -<- nf3 - Baseball Data House Phase1.0 2007年度版>(参照日2020年4月1日)

日刊ゲンダイDIGITAL.<株式会社BIG UNIT社長 橋本太郎(1)目標があったから乗り越えられた飲食店アルバイトでの葛藤|野球|日刊ゲンダイDIGITAL>(参照日2024年1月21日)