データニキのパワプロブログ

プロ野球選手を映像付きで紹介。パワプロ能力で再現。

南 竜介(2007)【パワプロ2022】

南 竜介

選手名:南 竜介(みなみ りゅうすけ)

生年月日:1981年7月9日

南 竜介

2007年成績:.200 0本塁打 0打点 0盗塁

経歴:報徳学園高等学校(1997-1999)-横浜ベイスターズ (2000 - 2006)-千葉ロッテマリーンズ (2006 -)

「強肩が唸る!!2軍では敵なしの実力を一軍でも魅せてくれ

選手紹介

・活躍

 1998年に甲子園出場を果たし、翌1999年のドラフトで横浜ベイスターズに入団。当初は投手としてプレーしていたが、その後打者に転向する。その後は2軍で練習を重ねシーレックス横浜ベイスターズファームチームのかつての名称。)の4番として出場し、2005年のプロ入り6年目には1軍で初ヒットを記録するほど着実に力をつけてきた。

 そんな中、2006年4月に山北と共に(土居)龍太郎とのトレードでロッテに入団。1軍では数試合の出場に終わったものの、相変わらず2軍では活躍し、ロッテ移籍後は2軍で打率.285、7HRを記録した。迎えた2007年はトレードで入団した早川がセンターのレギュラーを掴んでいたが、ベニーの守備の衰えがでてきたこともあり、チャンスはあったが中々出番がこず、1軍では10試合の出場に終わってしまった。

守備に関しては強肩と持前の俊足と優れた打球判断ができるという文句なしの評価のため、もう少し1軍でチャンスがあれば一皮むける存在になれる。

・査定について

--【装備品】--

バット:黒/木→黒/木(7/28、10/8)

グローブ:黒→黒(デフォ)

リストバンド:-/-→-/-(7/28、10/8)

--【基礎能力】--

弾道23:当たれば飛ぶらしい

ミートGF26:打率.200(5-1)/2軍打率.264(197-52)

パワーFE48:0HR/2軍3HR。当たれば飛ぶらしい(デD53)

走力DC64:俊足

肩力BS95:遠投115-120m。英智に勝つほど

守備ED51:守備範囲も俊足を活かしてそこそこ広いらしい

エラーDD53:2軍守備率.992/過去3年2軍守備率.984(デRFD53)

--【特殊能力】--

チャンスD:打率.200/得点圏.000(14D

対左D:右.000(3-0)/左.500(2-1)(14D

盗塁C:成功率.---(0-0)/2軍成功率.800(5-4)(14D

走塁D:(14D

送球E:強肩だが2軍での補殺数少ない。警戒されているからか?(14Dプロスピ5E)

ケガD:(14D

回復E:2軍73試合出場(プロスピ5)

インコースヒッター:(プロスピ5)

三振:2軍三振率24.9%

選球眼):2軍IsoD=0.97

--【その他】--

打撃フォーム:スタンダード9

打った瞬間にそれと分かる一発!! 南竜介が今季1号ホームラン

2010年5月22日、対ヤクルト戦。HRを放つ。

南竜介 プロ初ヒット 2005年6月8日

2005年6月8日、対日ハム戦。プロ入り初ヒットを放つ。投手は吉崎勝

1998年春2回戦 横浜vs報徳学園 4/21

1998年春、選抜大会2回戦。対横浜高校戦。相手は松坂大輔

・コメント

パワター:デフォ

プロスピ4紹介文:

「自慢の強肩は球界トップクラス。打撃と足もハイセンス。サプライズを起こす外野手」

 

強肩の選手として期待していました。横浜からロッテに来るときには金城、多村、南で協力外野陣を形成してほしかったなという残念な気持ちもあったんですが、ロッテならレギュラー獲れるかな?という淡い期待もありました。残念ながら2007年はトレード加入の早川がレギュラーになってしまいましたのでその期待は叶わなかったんですが…。

もっと活躍している姿をみてみたかったですね。

 

関連選手:

松坂 大輔:1998年春の選抜で対戦。

光原 逸裕:報徳学園の1学年先輩。

鞘師 智也:報徳学園の1学年先輩。

森山 周:報徳学園の同級生。クラスメイトでもあった。

参考資料:

nf3 -Baseball Data House -<- nf3 - Baseball Data House Phase1.0 2007年度版>(参照日2020年4月1日)