データニキのパワプロブログ

プロ野球選手を映像付きで紹介。パワプロ能力で再現。

大嶺 祐太(2007)【パワプロ2022】

大嶺 祐太

選手名:大嶺 祐太(おおみね ゆうた)

生年月日:1988年6月16日

大嶺 祐太

2007年成績:0勝0敗0H0S 防御率11.25

経歴:沖縄県立八重山商工高等学校(2004-2006)-千葉ロッテマリーンズ (2007 -)

「チバリヨ―!八重山、そして沖縄の星がいざプロの舞台へ…!」

選手紹介

・活躍

 2006年春、21世紀枠を除く離島からの甲子園出場を初めて果たし、沖縄本島出身者2名を除けば残りは全員石垣島出身というチームのエースとして「石垣島フィーバー」を巻き起こした大嶺祐太。2006年夏も甲子園出場を果たし、プロ注目の選手になっていた。そんな中、ソフトバンクホークスは大嶺が高校1年のころから精力的に訪問するなどして相思相愛の関係にあった。しかし、急転直下。急遽、マリーンズが指名を強行しホークスとのくじ引きの末、マリーンズが指名権を獲得した。その後、大嶺自身も難色を示し大学進学も視野に入れたが、最終的にはマリーンズへ入団することとなった。

 以上の経緯もあり、色々な意味で注目を集めた大嶺だったが、プロ1年目からその輝きを放つこととなる。2/26の初の実戦での試合は同い年のルーキー田中将大と投げ合い2回4失点でKOされてしまい2軍で開幕を迎えるものの、3/29の対巨人戦で5回2失点と上々のデビュー。その後も4/8のヤクルト戦で6回2失点、4/15の楽天戦で5回2失点、4/22の巨人戦で6回2失点と安定した投球を続ける。すると、1軍の先発ローテであった小野晋吾が脇腹を痛め離脱し、その穴埋めとして急遽1軍登板することが決まる。

 4/30の対西武戦で先発として1軍デビュー。4回0/3を投げ7安打5失点、カブレラからHRを浴びるなど1軍とのレベルの違いを見せつけられる結果となったが、投じた78球の内62球がストレートという若さ満点の投球で空振りをとることもあった。変化球の制球に不安を感じた里崎があえてそういう配球にした可能性はあるが、試合後に記者からの質問に対して「藤川球児と同じようなストレート。火の玉のようだった。これからが楽しみ」と語るほどだった。その後は再び2軍で調整することとなり、登板数14、防御率4.35で1年目のシーズンを終えた。同い年の田中将大パ・リーグ新人王に輝いたが、大嶺もその素質は十分にある。持ち味を磨いてプロで輝いてほしい。

・査定について

--【装備品】--

バット:木→黒(7/31)

グローブ:黒→革(4/30プロ初登板)黒(5/15、7/8)

リストバンド:-/-→-/-

--【基礎能力】--

球速151キロ→151キロ:(4/15、データ図鑑)

コンGE49:BB/9=2.25。08年BB/9=2.20。07年2軍BB/9=3.48

スタCD58:2軍では先発として5.6回と目途に投げる。1完投も記録。

変化球:

・Hスライダー2:(14決1、プロスピ5、データ図鑑)

(カーブ):今週の一押し!。117キロ。ほぼ投げてないプロスピ5、データ図鑑、パワ村1)

・Cアップ1:今週の一押し!。111キロ。2006年春の選抜の後に練習した(2006年夏1回戦実況より)プロ1年目から持ち球。(14決1、プロスピ5、データ図鑑)

(フォーク):→Vスライダー今週の一押し!。125キロ(データ図鑑、パワ村2)

Vスライダー3:甲子園から勝負球として使用。フォークは恐らくVスラを勘違いしている?

SFF):2011年春キャンプにて習得中との記事有。名付けて「石垣タイガーボール」

サークルチェンジ):09年に今までの握りを変えシンカー気味に落ちるようになった

--【特殊能力】--

打たれ強さE:LOB率52.6%。精神的な弱さが課題(14決D

対ピンチD:被打率.368/得点圏.600。08年被打率.260/得点圏.296(14決D

対左C:右.400/左.250。08年右.306/左.213(14決D

ノビC:分かってても打たれない(里崎談)(14決D

クイックE:平均1.49秒(野球小僧2006年10月号)(14決D

ケガE:夏場に脇腹を痛めてしまった。(14決D

回復E:高卒1年目ルーキー。高校時代も慎重な起用(14決Dプロスピ5F

球速安定:平均140キロ後半

(荒れ:構えた所に行かないが、ストレートだけで勝負できる。変化球の制球力がない

真っスラ):2軍戦(5/15)で「序盤真っスラだったが修正できた」(金沢捕手)

ランナー○):走者無.444/有.300

人気者:「八重山フィーバー」の立役者。石垣島キャンプのきっかけもこの選手。

速球中心:初登板約8割(62/78)が直球(プロスピ5)

--【その他】--
 

試合

投球回

被安打

奪三振

四死球

失点

K/9

BB/9

2005年秋季大会

3

9

1

12

3

0?

12.0

3.00

2006年夏県大会

6

33回1/3

21

37

13

8

9.99

3.51

投球フォーム:オーバースロー5

大嶺祐太プロ初登板

2007年4月30日、対西武戦。プロ1軍初登板。第一投目は147キロのストレート。

第88回全国高校野球選手権大会 1回戦 八重山商工 対 千葉経大付 2/10

2006年夏、第88回甲子園大会1回戦。対千葉経大付戦。ストレート。投げ方はプロ初登板とそう変わらないか?

変化球:

大嶺祐太プロ初登板

2007年4月30日、対西武戦。プロ1軍初登板。ストレートのスロー映像。

第88回全国高校野球選手権大会 1回戦 八重山商工 対 千葉経大付 2/10

2006年夏、第88回甲子園大会1回戦。対千葉経大付戦。ストレートのスロー映像。

大嶺祐太プロ初登板

2007年4月30日、対西武戦。プロ1軍初登板。スライダー?

大嶺祐太プロ初登板

2007年4月30日、対西武戦。プロ1軍初登板。スライダー?のスロー映像。

大嶺祐太プロ初登板

2007年4月30日、対西武戦。プロ1軍初登板。カブレラから初奪三振を記録。フォーク?
高校時代:

第88回全国高校野球選手権大会 1回戦 八重山商工 対 千葉経大付 2/10

2006年夏、第88回甲子園大会1回戦。対千葉経大付戦。右腕が隠れて見にくいため、打者が降り遅れる。
▼高校時代を詳しく見る▼
変化球:

第88回全国高校野球選手権大会 1回戦 八重山商工 対 千葉経大付 2/10

2006年夏、第88回甲子園大会1回戦。対千葉経大付戦。130キロのスライダー。

第88回全国高校野球選手権大会 1回戦 八重山商工 対 千葉経大付 2/10

2006年夏、第88回甲子園大会1回戦。対千葉経大付戦。スライダーのスロー映像。

2006春 高岡商-八重山商工戦 ダイジェスト

2006年春、第78回選抜甲子園1回戦。対高岡商業戦。スライダー

第88回全国高校野球選手権大会 1回戦 八重山商工 対 千葉経大付 6/10

2006年夏、第88回甲子園大会1回戦。対千葉経大付戦。カーブ。この試合ほとんど投げていない。

第88回全国高校野球選手権大会 1回戦 八重山商工 対 千葉経大付 2/10

2006年夏、第88回甲子園大会1回戦。対千葉経大付戦。縦のスライダー。

第88回全国高校野球選手権大会 1回戦 八重山商工 対 千葉経大付 2/10

2006年夏、第88回甲子園大会1回戦。対千葉経大付戦。縦のスライダーのスロー映像。

打撃フォーム:スタンダード18

第88回全国高校野球選手権大会 1回戦 八重山商工 対 千葉経大付 6/10

2006年夏、第88回甲子園大会1回戦。対千葉経大付戦。5番打者として出場。

2006春 高岡商-八重山商工戦 ダイジェスト

2006年春、第78回選抜甲子園1回戦。対高岡商業戦。この時も5番打者として出場。ヒットを放つ。

第78回(2006年)選抜高校野球大会 2回戦 横浜 対 八重山商工  4/5

2006年春、第78回選抜甲子園2回戦。対横浜高校戦。逆風の中、あわやHRかという当たりを放つ。
守備:

第88回全国高校野球選手権大会 1回戦 八重山商工 対 千葉経大付 7/10

2006年夏、第88回甲子園大会1回戦。対千葉経大付戦。焦って送球ミス。

2006春 高岡商-八重山商工戦 ダイジェスト

2006年春、第78回選抜甲子園1回戦。対高岡商業戦。良い打球反応もその後に送球ミス。

・コメント

パワター:デフォ(髪型変更)

プロスピ4紹介文:

「球持ちが良く球速以上の勢いと速さを感じさせるストレート。絶品のメジャー級スライダー。都会に恐れるものなどない。石垣島の剛腕」

 

 当時の甲子園は春夏ともにリアルタイムで観戦していたんですが、それまで沖縄に対して強いというイメージは抱いたことがなかったものの(選抜は1999年に沖縄尚学が優勝経験があるものの夏は1991年、1992年の沖縄水産の準優勝と1997年の浦添商のベスト4以降は目立った戦績なし)この年は八重山商工が特集も組まれるほどの人気ぶりでスタンドからの大きな歓声とハイサイおじさんの応援に圧倒された印象がありました。

八重山商工甲子園物語 (その3・完)

八重山 青春アミーゴス~熱血監督と球児たち~
感動をありがとう、八重山商工野球部。

 

関連選手:

新垣 渚:同郷のスター選手であり、憧れの球団ホークスに在籍していた。

佐藤 賢治:2006年春の選抜で横浜高校の主軸として対戦。共にロッテに入団する。

丸 佳浩:2006年夏、千葉経大付の選手として対戦し、ヒットを放った。当時、2年生。

参考資料:

nf3 -Baseball Data House -<- nf3 - Baseball Data House Phase1.0 2007年度版>(参照日2020年4月1日)

プロ野球OBクラブチャンネル.<【斎藤佑樹のハンカチ騒動に野村弘樹がぶっちゃける】大嶺祐太登場!石垣島から甲子園春夏連続出場! - YouTube>(参照日2023年12月22日)

プロ野球OBクラブチャンネル.<【真相】ソフトバンクのはずだった…大嶺祐太のドラフトの真相とは!? - YouTube>(参照日2023年12月22日)

トクサンTV.<公園で…フルで投げるドラ1。ロッテのあの男。 - YouTube>(参照日2023年12月22日)

千葉ロッテマリーンズ石垣島応援隊.<【千葉リヨマリーンズ】大嶺祐太引退試合in石垣島にて永遠のライバル八重山商工時代のチームメイト金城長靖と真剣勝負!! - YouTube>(参照日2023年12月22日)

Full Count.<18歳の心えぐった過熱報道「人が嫌いになった」 入団拒否示唆…"不意打ちのドラ1" | Full-Count>(参照日2023年12月22日)

Full Count.<迫る戦力外…かっこ悪く見えた"急に焦り出す先輩" 4年で3度通告も貫いた信念 | Full-Count>(参照日2023年12月22日)

Number.<ダルビッシュも認めた大嶺祐太の剛速球…“離島のヒーロー”が千葉ロッテで過ごした15年間「また起き上がって立ち向かう」《中日と育成契約》 - プロ野球 - Number Web - ナンバー>(参照日2023年12月22日)